明治編 天王川、御旅所付近から南を望む 明治30年代(1900頃)

佐屋川廃川から間もない頃の天王川大池。池の中央に見える中洲は中之島。
ここが整備されるのは大正12年(1922)頃である。
写真上部には桜の花が写り、左手の猿尾堤には松が並んでいる。
南を望めば遠くに県立第三中学校(津島高校)の校舎と、その手前に津島税務署の建物(三角屋根)も見える。
天王川が池になると、ここを一大景勝地にする動きが始まった。
とりわけ明治37年(1904)、津島町長・堀田八郎が桜の植樹を町民に呼びかけた時には、堤塘に桜の幼木が次々植えられた。



2へ→