白バラ門 昭和8年(1933)5月

大正14年(1925)に赴任した田村敬作校長は、多くの植物や花を植え、学校を美しく飾ったことで知られる。
とりわけ退職直前の昭和5年(1930)には、学校の土手に白バラを植え、写真のように門にも匍わせた。
これは、後年「白バラ門」と呼ばれ、同校のシンボルとして長く愛された。


←7へ 9へ→