蛭間小学校の歴史写真 蛭間尋常小学校の校舎 大正6年(1917)3月

写真は、明治44年(1911)4月30日に落成した校舎。
左手に見える木々は八幡社の森。
なお、この校舎が建設される前の旧校舎は大変狭く、生徒たちは二ケ所に分散していた。
明治43年(1910)、海東郡視学の板津森三郎と神守村長の白木春太郎は蛭間尋常小学校を視察。
この状況を知ると、急遽、校舎新築を決定したという。


←15へ 17へ→