津島神社 明治編 津島神社東門 明治30年代(1900頃)

津島神社の東門前から東鳥居・楼門を撮影したものである。
当時の東鳥居は木造、楼門の屋根は銅板葺きであった。
写真には、右上に大きな老松が写っている。
この下にある店が、松にちなんだ松儀屋。左側が角政。
ともに特産菓子の「あかだ」「くつわ」などが売られていた。
牧歌的な様子を撮った写真である。


2へ→