災害の光景 鵜多須切れ水害 鵜多須切れ 決壊現場の修復作業 開治村鵜多須 明治30年(1897)10月20日頃

佐屋川大氾濫の報告を受けた横田太一郎・愛知県土木課長は、
すぐに人夫1000人と多数の小舟をかき集め、夜通し現場で陣頭指揮を執った。
写真は工事完了直前の様子。堤防は決壊から20日程で復旧した。


←23へ