鉄道の風景 尾西鉄道 兼平付近 大正8年(1919)

津島町北部の新堀川を渡る機関車。
左奥には片岡毛織の煙突が見える。
これ以前の大正3年(1914)、尾西鉄道は弥富〜津島〜一宮〜木曽川橋停車場までの全線を開通。
尾張西部を南北に縦断する重要な路線となっていた。


←2へ 4へ→