材木業 八百代製材工場 明治40年(1907頃)

八百代は現在の城ノ越町にあり、製材や製函(木箱)業を手がけた大規模な工場であった。
写真のように、工場南の池須には広大な蓮田が広がっていた。


←7へ 9へ→