津島市立図書館

文字の大きさ

津島市立図書館の歴史

沿革

津島市立図書館は、現存する県下の図書館の中では最も歴史が古く、 明治28年(1895)、日清戦争の勝利を記念して「海東海西郡教育会附属凱旋紀念書籍館」の名称で建設されました。 明治30年(1897)には、「津島高等小学校図書館」と改称し、 館外貸出を含む利用規則や設置規程を定め、県下初の公共図書館として文部省から認定されました。 当時、全国でも公共図書館は31館しか設立されておらず、この地域における教育関係者の熱意が早くから盛んだったことがうかがえます。

しかし、その後の図書館は行政の変更に翻弄されて不安定な状況が続きます。 大正末年には図書館が一時廃館され、蔵書が大量に流出しました。 また、伊勢湾台風やその後の水害で図書館が浸水し、一部の図書が被害を受けたこともありました。

それでも、先人達によって多くの貴重書が守られ、実に名称変更13回、所在地変更12回を経て、全国屈指の歴史ある図書館として現在に至っています。 現在、市内には本館を中心として、分室(生涯学習センター図書室、神島田公民館図書室)2ヵ所があり、平成27年3月末の時点で蔵書約28.9万冊を数えています。

津島市立図書館の変遷

  1. 凱旋紀念書籍館 (1895~1897)
  2. 津島高等小学校図書館 (1897~1900)
  3. 海東図書館 (1900~1901)
  4. 海東郡図書館 (1901~1904)
  5. 海東郡立図書館 (1904~1907)
  6. 海東郡立戦勝紀念図書館 (1907~1913)
  7. 海部郡立図書館 (1913~1923)
  8. 海部郡教育会附属図書館 (1923~1926)
    【廃館】 (1926~1927)
  9. 津島町立図書館 (1927~1947)
  10. 津島市立図書館 (1947~1951)
  11. 津島市立津島図書館 (1951~1964)
  12. 津島市市立図書館 (1964~2000)
  13. 津島市立図書館 (2000~)

特徴

図書館には、設立当初からの貴重な書籍や津島の珍しい資料を多く所蔵しています。 また、郷土の偉人、野口米次郎氏(ヨネ・ノグチ)に関連する図書を収集した特殊文庫もあり、 貴重な研究資料として利用されています。

図書館年報

開館時からの年表・利用実績なども掲載しています。

平成27年度 津島市立図書館図書館年報