津島市立図書館

文字の大きさ

読み聞かせにおすすめの本 0~2歳

「あかちゃんに絵本なんてまだ早い」 と思っていませんか?
あかちゃんにとって、 本を見ながらやさしく話しかけてもらったり、絵についておはなししてもらうのは、とっても嬉しいこと。うつくしい絵本のことばとの出会いが、あかちゃんのことばも育てくれます。
はじめは、ことばの繰り返しやリズムの楽しい絵本を読んであげまょう。

  • 『いないいないばあ』 表紙
    『いないいないばあ』

    松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男 え 童心社

    いない、いない、ばあ。にゃあにゃが、くまちゃんが、のんちゃんが…。
    1967年発売、長く読み継がれてきたロングセラー絵本です。

  • 『がたん ごとん がたん ごとん』 表紙
    『がたん ごとん がたん ごとん』

    安西 水丸 さく 福音館書店

    「がたんごとん がたんごとん のせてくださーい」
    あかちゃんに身近なものたちが登場する、音の響きを楽しむ絵本です。

  • 『くだもの』 表紙
    『くだもの』

    平山 和子 さく 福音館書店

    もも、りんご、ばなな…。
    身近な果物たちを、写真と見紛うほど鮮やかに描いた、思わず食べたくなる絵本です。

  • 『くっついた』 表紙
    『くっついた』

    三浦 太郎 さく こぐま社

    「きんぎょさんときんぎょさんが、くっついた おかあさんとわたしが、くっついた」
    親子のふれあいの時間にぴったりの絵本です。

  • 『だるまさんの』 表紙
    『だるまさんの』

    かがくい ひろし さく ブロンズ新社

    「だ・る・ま・さ・ん・の…」
    ページをめくるたび変わっていくだるまさんの姿に、思わずくすり。目から、耳から、楽しい絵本です。